2017年08月11日

鈴木五輪相の収支報告からの考察



 ガソリン代、3年で1400万円=鈴木五輪相の収支報告(時事通信) - Yahoo!ニュース 

記事によると 3年7人で1412万円ものガソリンを消費したらしい。
「7人が政治活動に車を使用した」とあり、明確には車7台とは書いてありません。
2人一組とかで動いていたりすると、もっと、走っていることになりますが・・・。

7人が7台の車を使用したとして、1台あたりの1年間のガソリン代を計算してみる。

 (14,120,000 / 3) / 7 = 672,380円 (1台あたりの 1年間のガソリン代)

ガソリン1リットル130円、燃費を12km/Lとすると、
 672,380 / 130 = 5,172L (1台あたりの 1年間のガソリン使用量)
 5,172 * 12 = 62,064km (1台あたりの 1年間の走行距離)

平均で、6万2千キロ/年・台も走ったことになります。
平均時速を50km/hとして、62,064/50 = 1241時間。
1日の労働時間を8時間とすると、1241/8 = 155日相当。
長期連休が無くて完全週休1日としても 312日/年の労働日数なので、5割は走っていたことになりますねぇ。
完全週休2日とすると 260日/年の労働日数なので、6割は走ってます。

仕事の効率、悪すぎませんか(笑)。

さらに言うと、これだけ使うなら、もっと燃費のいい車使いませんか?
ハイブリッド車でも 充分に元の取れる走行距離です。
今回、燃費を12km/Lで計算していますが、同じ距離を20km/Lだったら、842万円で済みます。
570万円のコストダウンです。

えっ、もうハイブリッドだったの?
20km/Lだったら、年間10万3千km走行になります。
労働時間のほとんどが運転ですね(笑)。
過走行で、車も持ちません。

えっ、2人で1台・・・、恐ろしくて計算する気にもなりません(笑)。

posted by まゑ@あしがる at 22:35 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。